概要~活動前

12歳の時19というアーティストに憧れ独学でギターを始める。

学生時代は、友だちと上手くいかず嫌な事を歌にして自分を励ましていた。

オリジナルテープなど作ったり、地元のTVにインタビューなどされるが、やはりイジメに合い学校も音楽活動も休んでしまう事となる。

そんな中17歳時に妊娠結婚、通信制の学校を卒業しすぐ出産。

1児の母となったが、若さゆえシングルマザーとなってしまう。

 

そして、2度目出会い(当時19歳)で苦しい経験をする。

出会って数日で相手に軟禁と24時間監視、暴力DV、金銭や名義、外部との連絡すべて絶たれ、恐怖で身も心もボロボロな3年半を経験する。

当時の傷は心だけではなく、背中には無理やり入れさせられた大きな彫りものと最愛の息子のを奪われた傷も刻まれている。

最後は全てを捨てて23歳の時に夜逃げを経験。

 

2度目のシングルの間、3年半の悲劇で残ったのは喪失感と残るのは借金。辛くて眠れない日をすべて返済に埋める日々が続いた。

そこで24歳で、やっと今の幸せのはじまりを手に入れる。

この全てが私の音楽となり表現の基盤となる。

 

略歴

2011年11月24日

家族の『やりたかった事ないの?』の言葉に今まで出来なかった音楽をはじめようとマイユとして音楽活動開始。

裏動機で居場所のわからなくなってしまった息子(あきと)の為に、伝えれなかった言葉を歌にし私はここにいると発信しようと思っている。

 

翌年2012年1月にパソコンで編曲やアレンジ・ミキシングなど独学で始める。

そこから現在の“オケ伴奏弾語りアーティスト”のマイユが生まれる。

 

今までの主なイベントやメディア出演は、地元のネット開局記念生放送ゲストに出演、別のネットTVでは、さまざまな音楽発信番組“Enjoy Music Life”アシスタントとして番組出演(2013終了)、他ローカル番組J-Wayに出演。

またそのJ-wayのニュース番組エンディングソングとしてマイユの【笑顔になあれ】起用される。

ラジオでは、FMぱるるん水曜日グルメレポーターとして1年間、本名の水野美香としても県内をリポート。

他、生活ドラフル救急車のWeb動画曲製作。同じくリサイクルショップ無限堂のWeb動画曲製作。

 

2015年からは、リレーフォーライフジャパン茨城のPRソングとしてマイユの『ひまわりの詩』を使用。

2016年3月、ひたちなか商工会とのコラボで沖縄国際映画祭内の企画の『島ぜーんぶおーきな祭』の茨城JIMOTO CMに曲提供者として友情出演。

ひたちなか市をPRした動画で、さらに新商品の『ちちんぷりんぷりん』のテーマソングを作製した。

他、2016年7月16日公開カミスガフィルムコミッション製作映画『かんとりーどーろ』に友情出演とBGMで使われる。

 

現在他の活動は、盛り上げ司会、地元タウン誌モデル、かわまた楽器にて初心者クラスのギター講師をしている。