泣き虫の桜

↑YouTube音源へ飛びます↑

 

作詞作曲 マイユ

2013年1月28日 完成

 

 

家の前に咲いている桜の花。

覚えてはいないけれど

あなたが教えてくれた花

毎年この季節のこの場所で

1つ大きくなった私を見つめながら・・・

 

いつもすぐに泣いて

変に意地っ張りで・・・

甘えてばかりのそんな私に

あなたは笑顔を教えてくれました。

 

握り合ったあなたの手

とても大きくて全てを包んでくれた。

変わらず愛しつづけてきてくれた気持ち

きっと、桜色。

 

 

桜の花が何度だろう・・・

この地に落ちてきた頃

口も聞くのも嫌になって

目を見て話すこともなくなって

たまに話す時と言えば

怒られる事ばかりで・・・

 

彷徨って傷ついて遊んでは帰ってこない

私だったけれど・・・

そんな私を影で思ってくれた事知ってるよ

 

当たり前のあなたの存在

とても大きくて私を守ってくれた。

ここから先は私が思いつづける気持ち

きっと、桜色。

 

 

『いってきます』って扉を開けても・・・

『ただいま』って言って帰ってきても。

桜の木のように あなたはいつも

必ずここで咲いて待っててくれた。

 

ありがとう。

ありがとう。

ありがとう・・・大好き。

 

 

今まで辛い時は一人で泣いて

乗り越えてきたって思っていたけど・・・

きっと、あなたも同じくらい

あの頃は私と一緒

泣き虫さくら。